ピラティス & コンディショニング

9月7日 水曜日 夜7時から始まります。 は終了いたしました。


ピラティスとは?

ドイツ人ジョセフ・ピラティスによって考案され、第1次世界大戦中、リハビリテーションとコンディショニングの目的で始められました。  ストレッチと共に、全身をバランスよく動かしながら、身体の内側に意識を集中させ、筋肉(インナーマッスル/体幹筋)を鍛え、歪みのない柔軟性のあるしなやかな身体を目指します。

動きはシンプルです。

余計な負担がないので毎日続けることが出来ます。

精神的ストレスからの解放と、

しなやかな身体になって行く事でで疲れにくなり、

怪我の少ない、強い筋肉が得られます。

効果は、カラダの歪みやクセを改善、姿勢が良くなる、柔軟性、筋力の向上、循環機能の改善、より深く効果的な呼吸、血液及び身体のシステム全てへのより多くの酸素供給、リラックスの促進がストレスの軽減、消化の改良などです。

コンディショニング(身体の調整)とは?

日頃の運動不足や習慣から起こる様々な症状(肩こり・腰痛など)の改善、自分自身のカラダ(歪みや癖)を再発見し、いつでもカラダを意識できるように、心とカラダの調和を図りましょう。

高橋弘子さん、ピラティス&コンディショニング担当。

日体大健康学科卒。合気道2段、日体大ダンス部コーチ、FTPピラティス公認インストラクター : マットピラティスベーシック&BOSU ←クリック BOSUをすたじお ぷらす えーのクラスでも導入。

武蔵野市高齢者総合センターや大学等の非常勤講師としてつとめる中で、千葉市内を中心にピラティス、健康体操、骨盤体操、身体で遊ぼう(学童)等を開講。千葉市社会体育指導員として、ボランティア活動も行っている。

BOSUバランストレーニング

The Bosu Trainer in action.

スポーツ会館派遣インストラクターとして、JAZZ・エアロビックス等の指導をしながらコンテンポラリーダンスカンパニーで公演活動中の1997年に渡仏。ダンス研修中にコンタクト・インプロヴィゼーション( CI)に出会う。2003年にC I の普及のために関東近郊の舞踊家らが中心となった非営利グループSPIRALを(現在 C. I. N. N. と改名)発足し、C I のワークショップ、ジャム、パフォーマンス、CIフェスティバルを開催。

高橋弘子さんとC. I. N. N. の詳しい活動内容は    http://www.contactimprov-nn.com/ からご覧ください。

ピラティス&コンディショニングは、年齢と運動能力に合わせて行いますので、どなたにでも参加していただけます。


日時

毎週 水曜日 夜 7:00〜8:00   は終了いたしました。

すたじおのドアはクラス15分前に開きます。予約不要

料金

2000円(当日現金でお支払い下さい)

動きやすい服とフェイスタオルをご用意下さい。

Studio plus A へのアクセスはコチラをご覧下さい。
広告