月別アーカイブ: 1月, 2012

 毎月第1土曜夜は Contact Improvisation  ( C I ) ジャム

 

コンタクト・インプロビゼーションとは?


1970年代のアメリカで、C I 創始者であるSteve Paxton スティーブ・パクストンとその仲間達が独自のダンスを模索する中でC Iが考案されたといわれています。今年で39年目を迎え、現在アメリカ、ヨーロッパやその他の国々では、ダンサーを始め、ダンサー以外の一般の方々にも身体表現/活動の一つとして親しまれています。

相手と体重のやりとりをしながら、そこに生じる動きの流れにまかせて動いてゆくコミュニケイティブな活動です。段階的な指導法によって、非常に繊細な動きからダイナミックでアクロバティックな動きまでを習得することができます。

欧米では、ダンス・スクール、演劇スクールなどの必修科目として学ばれているほか、C I  ジャムでは音楽家も加わり、一般の人々も多く参加、楽しみながら初心者と熟練者が共に学ぶことができるというのも、この形式の特徴の一つでしょう。

ダンサーでなくても、ダンスの経験の全くない方でも、C I が初めての方や初心者の方にも参加していただけます。                                                 初心者の方には入門指導をいたします。

 

2月のリード 高橋弘子

C. I. N. N. コンタクト・インプロビゼーション日本ネットワーク代表、 高橋弘子さんのプロフィールはコチラからご覧下さい。

 

日時

2月4日 土曜

毎月 第1土曜日 18:00〜21:00

ドアオープン 17:45

料金

1500円

ジャージ等の動きやすい服装(ベルト、ファスナー、ボタン等のついていない滑らない素材の物上下)                  ひざの保護用にニーパッド(100円ショップで購入可)が必要な方はご用意下さい。

C I 初心者または C I が全く初めての方は、ご予約が必要となります。Studio plus A のコンタクトからお願いいたします。

 

すたじお ぷらす えーへのアクセスはコチラからどうぞ。

「動き」の探索 フェルデンクライスメソッド・ワークショップ

~より楽に動くために~

2月12日 日曜日 午後2:00〜4:00 今月は第2日曜日

 

2月のテーマ 「ゆったりした呼吸」

私たちは、呼吸しないで生きてくことはできません。一日に2万回以上も息を吸ったり吐いたりしています。しかし普段、私たちは呼吸を意識することは、あまりありません。呼吸は脳によって制御され、運動量の変化や感情面での変化に、自動的に対応するようになっているのです。安心しているか不安に思っているか、落ち着いているか興奮しているか、などによって、呼吸はつねに変化していきます。

現代社会に生きていると、ストレスや緊張をさけて生活するのは難しいことです。多くの場合、私たちはストレスを受けると呼吸が浅くなり、胸を硬くしてしまいます。本来の肺の半分程度の容量しか使わなかったとしても、なかなかそれに気付かなかったりします。浅い呼吸がクセになってしまうと、健康や姿勢、からだの柔軟性にも害をもたらします。

自分の呼吸を意識し、大きくリラックスした呼吸を身につけることで、身体面の健康だけでなく、ストレスに対してもマネジメントすることが出来るようになります。

レッスン内容は、床に横になって、椅子に座ってのレッスンです。激しい動きはしません、ゆっくりとした小さな優しい動きで行いますので年齢、体力、身体の柔軟性等に関係なくどなたにでも参加していただけます。

フェルデンクライス ATMってなあ〜に?←クリックでどうぞ!

 

ATM ワークショップ担当の佐藤英行さんを紹介します。

理学療法士、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師の資格を持ち、医療法人クリニック、リハビリテーション病院、障害者スポーツ施設、老人ホーム等での長期の医療勤務にピリオドを打ち、1999年に独立をした。現在は理学療法、鍼灸治療、そしてフェルデンクライスメソッド等を中心に、子供から高齢者の幅広い層の方々の健康管理と改善の指導で活躍中です。 毎年夏にはフロリダのパナマシィティーにある、米国NPO団体 Water Planet の セラピースタッフとして、障害のある子供達とその家族対象のセレニティープログラムにボランティアとして過去10年間参加しています。


日時

2月12日 日曜日 (今月は第2日曜日、3月からは第3日曜)

午後2:00〜4:00  会場1:45

料金

3000円    定員11名

週末のワークショップはご予約が必要となります。

ご予約・お問い合わせ等は feldenkrais@watsu-japan.com へ            お願いいたします。

***暖かく動きやすい服装をご用意下さい***

 

フェルデンクライス ATM ~動きを通じての気付き~は
欧米ではダンサー、ミュージッシャン、アスリート、アクターなど、身体を使う方々はもちろん、特に身体を使うお仕事でもない一般の方にも、自分の身体とのより良い関係を築くレッスンとして、長い間親しまれています。

 

Studio plus A へのアクセス をご覧下さい。

基礎から学ぶ コンタクトインプロヴィゼーション ワークショップ 

C I WS 4回シリーズ

1回 基本的な身体の構造から、重力との関係で、身体にアプローチ

2回  「自分の身は自分で守る」を基本に、信頼して身体で対話        (体重を預ける、受け取る)

3回  「自然に自由にリフトする、されることが出来る」を目標

4回 時間、スペース、人(2人・3人・多人数)の関わりで即興

 

第1回

日程

1月21日 土曜日 夜6〜8pm  クラス  8〜9pm  C I Jam

参加費

2500円

8〜9pm の C I Jamのみ参加可 500円 ( C I 経験者の方どうぞ)

特典! 

クラスを2回参加いただいた方には、3回目以降は500円のディスカウント、各2000円です!

 

第2回目からの日程

2月18日、3月17日、4月21日 の第3土曜日

夜6〜8pm クラス   8〜9pm C I Jam

 

C I 経験者の方も勿論、そして初めての方も大歓迎です。

初心者も経験者も一緒にできるのが C I の魅力です。

基礎から積み上げて、又は単発でどうぞお気軽にご参加下さい。

 

コンタクトインプロヴィゼーション (C I) ってなあに?←クリック

C I インストラクター紹介

髙橋弘子

コンテンポラリーダンスカンパニーで公演活動中の1997年に渡仏。ダンス研修中にコンタクト・インプロヴィゼーション( CI)に出会う。2003年にC I の普及のために関東近郊の舞踊家らが中心となった非営利グループSPIRALを(現在 C. I. N. N. と改名)発足し、C I のワークショップ、ジャム、パフォーマンス、CIフェスティバルを開催。

日体大健康学科卒。ピラティスFTP・BOSU公認インストラクター、JCCA(BasicInstructor)、合気道2段。

髙橋弘子さんとC. I. N. N. の詳しい活動内容は    http://www.contactimprov-nn.com/ からご覧ください。

 

グレーのトップ&黒のボトムで踊っているのが弘子さんです。

 

すたじお ぷらす えーへのアクセスはこちらをクリック。


「動き」の探索 フェルデンクライスメソッド・ワークショップ

~より楽に動くために~

1月15日 日曜日 午後2:00〜4:00

 

1月のテーマ 「首を自由に!」

首は常に頭を支えています。頭だけでなく、目、耳、鼻と言った、まわりの環境を知るための「感覚器官」があります。首は本来とても自由に動く様に出来ています。

現代の生活は、長い時間座っている事が多いので、首や頭は「決まった動き」しかしていません。いつも同じ筋肉が使われるので、肩こりや頭痛の  原因にもなります。首が自由に動けば、肩こりや頭痛の予防になるだけでなく、自分のまわりにある今まで気付かなかった「なにか」を見つける事が出来るかもしれません。


レッスン内容は、床に横になって、椅子に座ってのレッスンです。激しい動きはしません、ゆっくりとした小さな優しい動きで行いますので年齢、体力、身体の柔軟性等に関係なくどなたにでも参加していただけます。

フェルデンクライス ATMってなあ〜に?←クリックでどうぞ!

 

ATM ワークショップ担当の佐藤英行さんを紹介します。

理学療法士、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師の資格を持ち、医療法人クリニック、リハビリテーション病院、障害者スポーツ施設、老人ホーム等での長期の医療勤務にピリオドを打ち、1999年に独立をした。現在は理学療法、鍼灸治療、そしてフェルデンクライスメソッド等を中心に、子供から高齢者の幅広い層の方々の健康管理と改善の指導で活躍中です。 毎年夏にはフロリダのパナマシィティーにある、米国NPO団体 Water Planet の セラピースタッフとして、障害のある子供達とその家族対象のセレニティープログラムにボランティアとして過去10年間参加しています。

 

日時

1月15日 日曜日  (毎月第3日曜日を予定)

午後2:00〜4:00  会場1:45

料金

3000円    定員11名

週末のワークショップはご予約が必要となります。

ご予約・お問い合わせ等は feldenkrais@watsu-japan.com へ            お願いいたします。

***暖かく動きやすい服装をご用意下さい***

 

フェルデンクライス ATM ~動きを通じての気付き~は
欧米ではダンサー、ミュージッシャン、アスリート、アクターなど、身体を使う方々はもちろん、特に身体を使うお仕事でもない一般の方にも、自分の身体とのより良い関係を築くレッスンとして、長い間親しまれています。

 

Studio plus A へのアクセス をご覧下さい。


 『苦しまなくて、いいんだよ』

 
 『気づきの瞑想』を生きる

 

タイで出家した日本人僧の物語の著者、プラユキ・ナラテボー師をお招きして、ヒトトキ案内役の一人である松村憲・インサイト企画にて、瞑想会 xクリパルヨガをすたじおで開催することになりました。

 

昨年の Studio plus A オープン直後の8月から、ヒトトキをほぼ毎月すたじおで開催する事になり、憲さんにいつか瞑想会をすたじおで開きたいのですがとお話をしていました。タイに何度も行かれプラユキ師のもとで瞑想をなさっている憲さんは、、

「僕の大切な瞑想の師の一人であり、たくさん教えを請い、話しを聞いてもらい、瞑想、そこから生じてくる疑問や心の変容におつきあいいただいてきました。

プラユキさんの持つ波動は、
まさにホトケのエネルギー♫ホトケのリズムです♫
ともに場を共有し、瞑想するだけで、
気持ちが前向きに明るくなってしまうでしょう。」

気づきの瞑想に関する著作も多くある、プラユキ・ナラテボー師から直接瞑想指導を受けつつ、講話、対話、そして気づきを高めてのクリパルヨガをいれた贅沢な時間です。

 

プラユキ・ナラテボー師紹介

1962年、埼玉県生まれ、上智大学哲学科卒。
大学在学中よりボランティアやNGO活動を行い、タイ語を学ぶ。
大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学。
1988年、ルアンポー・カムキアン師の下にて出家。
現在タイ国スカトー寺副住職。
穏やかな人柄と解りやすいお話で大勢の人々の心に触れる。     日本からわざわざタイの山奥の寺を訪れる日本人は数知れない。

 

松村憲

2003年アメリカ、クリパルセンターにて指導者資格。クリパルヨガ公認教師。現在、下北沢にあるクリパルヨガ公認スタジオ、Yoga of Lifeにてクラスを指導している。心とからだの関係、瞑想にも関心が高く、臨床心理士として学校や大学、個人オフィスであるインサイト心理面接室にて活動中。現在米国オレゴン州のポートランドにあるプロセスワーク研究所でディプロマコースに在籍中。

 

日時

1月22日 日曜日 13:00〜18:00  ドアオープン 12:30

参加費

7000円

お申し込み方法

info★insight-jp.net 企画:松村憲まで(★は@に変更してください)

持ち物

動きやすい服装、飲み物、筆記用具など必要に応じてご持参ください。

 

瞑想会の後18時〜すたじおでベジタリアン軽食の交流会があります。皆さんでゆっくりとした時間をお過ごし下さい。

 

タイ・バンコクから北東へ350km。奥深い森の寺で出家した日本人僧のもとを今なぜか、訪れる日本人が増えている。ある人は心を病み、ある人は人生に行き詰まり、救いと癒しを求めて、遠路いとわず訪ね行く。ブッダの叡智と慈悲心を受け継ぐ僧による“現代の対機説法”。仏教のやさしさにつつまれる本。  内容(「BOOK」データベースより)

 

 

すたじお ぷらす えー へのアクセスコチラからご覧下さい。

お問い合わせ等はコンタクトまたは03−3711−6868へどうぞ。