「動き」の探索 フェルデンクライスメソッド・ワークショップ

~より楽に動くために~

1月15日 日曜日 午後2:00〜4:00

 

1月のテーマ 「首を自由に!」

首は常に頭を支えています。頭だけでなく、目、耳、鼻と言った、まわりの環境を知るための「感覚器官」があります。首は本来とても自由に動く様に出来ています。

現代の生活は、長い時間座っている事が多いので、首や頭は「決まった動き」しかしていません。いつも同じ筋肉が使われるので、肩こりや頭痛の  原因にもなります。首が自由に動けば、肩こりや頭痛の予防になるだけでなく、自分のまわりにある今まで気付かなかった「なにか」を見つける事が出来るかもしれません。


レッスン内容は、床に横になって、椅子に座ってのレッスンです。激しい動きはしません、ゆっくりとした小さな優しい動きで行いますので年齢、体力、身体の柔軟性等に関係なくどなたにでも参加していただけます。

フェルデンクライス ATMってなあ〜に?←クリックでどうぞ!

 

ATM ワークショップ担当の佐藤英行さんを紹介します。

理学療法士、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師の資格を持ち、医療法人クリニック、リハビリテーション病院、障害者スポーツ施設、老人ホーム等での長期の医療勤務にピリオドを打ち、1999年に独立をした。現在は理学療法、鍼灸治療、そしてフェルデンクライスメソッド等を中心に、子供から高齢者の幅広い層の方々の健康管理と改善の指導で活躍中です。 毎年夏にはフロリダのパナマシィティーにある、米国NPO団体 Water Planet の セラピースタッフとして、障害のある子供達とその家族対象のセレニティープログラムにボランティアとして過去10年間参加しています。

 

日時

1月15日 日曜日  (毎月第3日曜日を予定)

午後2:00〜4:00  会場1:45

料金

3000円    定員11名

週末のワークショップはご予約が必要となります。

ご予約・お問い合わせ等は feldenkrais@watsu-japan.com へ            お願いいたします。

***暖かく動きやすい服装をご用意下さい***

 

フェルデンクライス ATM ~動きを通じての気付き~は
欧米ではダンサー、ミュージッシャン、アスリート、アクターなど、身体を使う方々はもちろん、特に身体を使うお仕事でもない一般の方にも、自分の身体とのより良い関係を築くレッスンとして、長い間親しまれています。

 

Studio plus A へのアクセス をご覧下さい。


広告