2012年 7月14&15&16日(土&日&月曜/祝日)

タイのスカトー寺のプラユキ師をお招きしての夏のリトリート

ゆったりとした時間と空間の中での瞑想を中心に、

講話、対話、質疑応答、個人面談の時間もあります。

 

 『気づきの瞑想』を生きる ←クリック

 

〜 瞑想会リトリートについて、プラユキ師は 〜

気づきの瞑想自体はオープンハート系です、自然な感じで日常生活への活用へと、 繋げていけるような学びを二泊三日の中で得てもらえればなと思います。」

「生活の一コマ一コマを、オープンハートで、気づきをもって、学びにしていけるような、そんな姿勢を瞑想会の間に培っていけたらいいですね。」


瞑想経験の全くない方、

仏教に馴染みのない方でも、

どなたにでも無理なく参加して頂ける瞑想会です。

* 3日間通しで参加の方を優先的に受付させていただきますが、  2日間、又はお好きな部を組み合わせてのご参加も受付いたします *


 『苦しまなくて、いいんだよ』 ←クリック

プラユキ・ナラテボー師紹介

1962年、埼玉県生まれ、上智大学哲学科卒。
大学在学中よりボランティアやNGO活動を行い、タイ語を学ぶ。
大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学。
1988年、ルアンポー・カムキアン師の下にて出家。
現在タイ国スカトー寺副住職。                  タイの村人の為に物心両面の幸せを目指す開発僧として活動する一方、日本とタイを結ぶ架け橋としても活躍している。          穏やかな人柄と解りやすいお話で大勢の人々の心に触れる。

 

今回は、新しい試みとしてグループ瞑想の他、個人瞑想時間、そしてご希望の方にはプラユキ師との個人面談の時間もあります。

瞑想会リトリートの詳細、お申し込み方法は次のページをご覧下さい。

 

広告