月別アーカイブ: 9月, 2012

10月から水曜夜のコンタクトインプロヴィゼーション(以下CI)が、毎週となります。

第1、3、(5)水曜日  コンタクト・インプロ道場 by 林貞之

このクラスは、前半で怪我をより少なくするための技術と方法を学び、後半はCIの可能性に切り込むやや実験的な内容で構成したいと思っています。
CIを通じて自由に踊ること、ダンスの自給自足への道を探求しましょう。山村での自給的な暮らしに興味のある方の参加もお待ちしています。

講師紹介

林貞之

プロフィール

1989年、ダンスカンパニー「ゴルジ工房」を旗揚げ、第二実験室にてダンス、自転車、菜園、猫、パンケーキ等の研究に従事。
1998年、ウィーンのダンスフェスティバルでCIに遭遇、CI過疎地だった20世紀末の東京で「C.I.co」の設立に参加、「C.I.N.N」の活動にも定期的且つ即興的に関わる。現在はCIグループ「未定の会(みていのえ)」長野支部長の他、早稲田大学オープン教育センターの体育実技科目「コンタクト・ムーブメント」を担当している。
2011年春、自給自足の生活を目指して長野県麻績村の使われなくなった林檎園跡地に移住、ゴルジ農場開墾の名の下、土石草木とコンタクトする毎日。

「ゴルジ工房第二実験室」はコチラからご覧下さい。

コンタクト・インプロ道場 

日時  第1、3、(5)水曜日 19:30〜21;30

参加費  ¥2000 一般/正社員社会人                  ¥1500 芸術家を目指すバイト生                            ¥1000 23歳以下学生

第2、4 水曜日 C I WS 基礎とテクニーク by 髙橋弘子

オレンジ色のタイトルをクリックで詳細へ

すたじおぷらすえーへのアクセスはココからどうぞ!

プラユキ・ナラテボー師との個人面談 のお知らせです。

11月5日にて個人面談は満席となりました、お申し込みを終了させて頂きます。

日時     2012年11月18日 日曜日 13:00~21:10

面談費   お布施

 

個人面談時間スケジュール

お一人様、70分以内でのご予約を受付いたします。

13:00~
14:10~
15:20~
16:30~
17:40~
18:50~
20:00~ 

お申し込みは下記をご記入の上  コンタクトよりお願いいたします。

* お名前(ふりがな)
* ご住所(県と市/区のみ)
* お電話番号(当日連絡可能な携帯/電話番号)
* 連絡用メールアドレス
* 上記の時間枠の第1~第3希望時間

お申し込み締め切り 11月9日(金)
スケジュールは遠方から来られる方等の都合を考慮させて頂き、出来るだけご希望に添う様に組むよう努力いたします。

締め切り後、ご予約時間が決定いたしましたら、メールでご連絡いたします。

 

***ご注意とお願い***

すたじおへのお問い合わせ後、3~4日経っても返信/確認メールが届かない場合は、メールトラブルが起きた可能性があります。(携帯メールで多発)そのような場合は、お手数ですがすたじおに直接お電話をお願いいたします。

03−3711−6868  お名前、電話番号、メッセージを留守電にお残し下さい、折り返しお電話させていただきます。         又はお問い合わせの際にお電話番号をお忘れなくご記入下さい、すたじおからお電話いたします。

プラユキ・ナラテボー師の日本での講演会や瞑想会、出版情報などのお知らせのブログも是非ご覧下さい。  http://blog.goo.ne.jp/yokienn

 

Studio plus A  へのアクセスはコチラからどうぞ。

〜〜 プラユキ・ナラテボー師をお迎えしての瞑想会リトリート 〜〜

2012年 11月23、24、25日(金・祝日&土&日)2泊3日

お申し込みは締め切りとなりました。

大勢の皆様からのお申し込みありがとうございました。

 

 『苦しまなくて、いいんだよ』 ←クリック

プラユキ・ナラテボー師紹介

1962年、埼玉県生まれ、上智大学哲学科卒。
大学在学中よりボランティアやNGO活動を行い、タイ語を学ぶ。
大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学。
1988年、ルアンポー・カムキアン師の下にて出家。
現在タイ国スカトー寺副住職。                  タイの村人の為に物心両面の幸せを目指す開発僧として活動する一方、日本とタイを結ぶ架け橋としても活躍している。          穏やかな人柄と解りやすいお話で大勢の人々の心に触れる。

 

〜 すたじお ぷらす えー での瞑想会リトリート(合宿&通い)〜

男女別にすたじおの床で下記の寝具で、簡素な合宿型となります。  ご了承の上お申し込み下さい。

・寝袋をご持参の方には、キャンプマットを無料でお貸しします。
・寝袋+寝袋シーツ+枕+キャンプマットレンタル料 1000円/2日
・貸し布団一式  2700円/2日(布団レンタル社より)

 

〜 すたじお合宿はちょっと無理かな?とお考えの方 〜

ご自宅からの通いで、又はすたじおから3駅先の目黒駅近辺のホテルで宿泊、乗り換え1回の五反田駅近辺も多数のホテルがあります。      ホテルリンク←クリック

 

参加費

3日間全部通しディスカウント 26000円+合宿寝具費用(上記)

各部の参加費は下記のスケジュールをご覧下さい。

すたじお合宿定員 12名様   各部定員 22名様

* 3日間通しで参加の方を優先的に受付させていただきますが、  2日間、又はお好きな部を組み合わせてのご参加も受付いたします *

 

〜〜〜 リトリート・スケジュール 〜〜〜

—11月23日 金・祝日— 

1)1日目 最初の部  参加費 6000円 (12:15 開場、受付開始) 

13:00~14:30 プラユキ師紹介・法話・気づきの瞑想紹介

14:30~15:00     休憩/お茶団欒

15:00~16:30  講話・瞑想の指導・瞑想実践

16:30~17:30     質疑応答

17:30~18:30  夕食

 

2)1日目 夜の部  参加費 2000円 (受付は18:30~)

19:00~20:00  瞑想の指導・瞑想実践

20:00~21:30     各自瞑想時間/ 個人面談*

21:30~23:00     自由時間/銭湯

23:00   消灯

 

—11月24日 土曜日 —

3)2日目 早朝の部  参加費 5000円 (受付6:30~)

6:00  起床

6:30~8:00      講話・瞑想の指導・瞑想実践

8:00~8:30      休憩/スナック

8:30~10:30    講話・瞑想の指導・瞑想実践

10:30~11:30     ブランチ(早めの昼食)

 

4)2日目 昼の部  参加費 5000円 (受付11:30~) 

12:00~13:30 歩行瞑想(近くの公園、神社へ)

13:30~15:00 講話・瞑想の指導・瞑想実践

15:00~16:30     休憩/お茶団欒

16:30~17:30     講話・瞑想の指導・瞑想実践

17:30~18:30  夕食

 

5)2日目 夜の部  参加費 2000円受付18:30~) 

19:00~20:00  円卓質疑応答

20:00~21:30     各自瞑想時間/ 個人面談*

21:30~23:00     自由時間/銭湯

23:00   消灯

 

—11月25日 日曜日 —

6)3日目 早朝の部  参加費 5000円 (受付6:00~) 

6:00  起床

6:30~8:00     講話・瞑想の指導・瞑想実践

8:00~8:30     休憩/スナック

8:30~10:30      講話・瞑想の指導・瞑想実践

10:30~11:30    ブランチ(早めの昼食)

 

7)3日目 最終の部  参加費 3000円 受付11:30~)

12:00~14:00  講話・瞑想の指導・瞑想実践・質疑応答

14:00~15:30  シェアータイム

終了

16:00~18:00  個人面談*

 

*個人面談についての注意*

リトリート中の個人面談はご希望の方を対象に、リトリート当日に受付いたします。                                                   お一人20〜30分を予定していますが、ご希望の人数によって変わります。

参加費には個人面談のお布施は含まれておりません。プラユキ師に当日直接お渡し下さい。

ご相談事がありプラユキ師とゆっくり面談をなさりたい方は個人面談日11月18日(日)をお勧めいたします。お一人様70分の面談時間でご予約制です。   ご予約方法はココを←クリック

 

各部のプログラム内容は3日間の流れにより、必要に応じて多少変更する事もありますので、ご了承下さい。

今回プラユキ師と初対面の方は、土曜日最初の部プログラム『プラユキ師紹介・法話・気づきの瞑想紹介』からのご参加をお勧めいたします。

 

瞑想会リトリートの参加費は諸経費を除いた分を、プラユキ師の渡航費、国内旅行と滞在費及び、タイ農村開発活動サポート資金へ、皆様からのお布施としてお渡しいたします。

参加費は、お布施としての金額設定をさせていただきました。余裕のある方、個人面談をご希望の方はお気持ちに添ったお布施をお加え下さい。

参加希望で経済的な余裕がなく参加を見合わせている方は、お申し込み時にどうぞお気軽にご相談下さい。

お食事は菜食を基本に豆類、豆腐、お野菜、果物、ご飯、パン、多少のお肉と乳製品等をご用意いたします。 アレルギー等で食事制限のある方、完全菜食、ヴィーガンの方は、お申し込み時にお知らせ下さい。

 

*********** お申し込み方法 ***********

下記をご記入の上、コンタクトからお願いいたします。

1 お名前(ふりがな)女/男

2 住所

3 電話番号/携帯

4 連絡用PCメールアドレス(携帯メールはトラブル多発)

5 健康状態 (膝腰痛、椅子で瞑想希望、ご病気で服薬中など)

6 参加希望の部 合宿寝具選択/ホテル宿泊など

7 食事制限 その他 ご質問など

**** 6の参加ご希望の部を明確にご記入下さい ****

例)

3日間通し参加 貸し布団希望                  土曜と日曜の2日間全部参加 寝袋一式レンタル希望        土曜昼の部と夜の部、日曜早朝の部参加 ホテル宿泊など、、、

  • 3日間通し、2日間通し参加の順で優先的に受付となります。
  • すたじお合宿定員 12名様   各部定員 22名様
  • お申し込み締め切り11月11日(各定員になり次第締め切り)

 

>>>>>> ご注意とお願い <<<<<<

お申し込み後、3〜4日経ってもすたじおからの確認メールが届かない場合は、メールトラブルが起きた可能性があります。(特に携帯メール) そのような場合は、お手数ですが直接すたじおへお電話でお知らせ下さい。

03−3711−6868  お名前、電話番号、メッセージをお残し下さい、折り返しお電話させていただきます。

前回の瞑想会リトリートの内容、プラユキ師のご紹介等はこちらからご覧下さい。

プラユキ・ナラテボー師の日本での講演会や瞑想会、出版情報などのお知らせのブログも是非ご覧下さい。  http://blog.goo.ne.jp/yokienn

 

すたじおぷらすえーへのアクセスはコチラからどうぞ。

 

日本ロルフィング協会主宰のワークショップのお知らせです。

◆支える足、センサーとしての足

◆足が変われば全身が変わる

柔軟で強い足を手に入れて、一歩前へ歩き出しましょう!

 

 

クツを投げ出し、裸足で砂浜を歩いたこと、ありますか?
太陽サンサン、焼けた砂の上で「あっちっちーっ」と思わず引っ込めた足。
波が足裏の砂をさらっていく、普段感じたことのない、くすぐったさ。
あなたの身体は憶えていますか?

日本ロルフィング協会主催、第2回ワークショップでは、「足」をテーマに取り上げます。
わたしたちの足は、土台として身体を支えているだけでなく、バランスをとるための重要なセンサーでもあります。ロルフィング的アプローチによるエクササイズを通じて、自分の「足」を再発見してみませんか?足の機能と感覚を引き出すことで、歩き方、動き方が変わります。

 

動きで体験! ロルフィング®「第2回:足の感覚をひらく」

日程:9月29日(土)

時間:

(1)10:30~12:30

(2)13:30~15:30

(3)16:30~18:30

定員:(1)、(2)、(3)各20名

参加費:6,000円

主催:日本ロルフィング協会

rolfboy logo

連絡先:日本ロルフィング協会 宮崎宛
workshop@rolfing.or.jp

ワークショップの詳細、お申し込み手順、お問い合わせ等はこちらをご覧下さい。 http://rolfing.or.jp/ws.html

 

すたじおぷらすえーへのアクセスはココ←をクリックでどうぞ。

コンタクト・インプロヴィゼーション(C I)ワークショップ(WS)

 

WSの内容:  その日の参加者に会わせて、テクニーク(基本〜応用)を決め、即興に繋げる

初心者も経験者も一緒にできるのが C I の魅力です。

基本〜応用を学ぶチャンス、どうぞお気軽にご参加下さい。C I 経験者の方も勿論、そして初めての方も大歓迎です!

 

第2回 9月15日(土)夜6〜8pm WS  8〜9pm  C I Jam

参加費:  2000円

8〜9pm の C I Jamのみの参加可 500円 ( C I 経験者の方どうぞ)

コンタクトインプロヴィゼーション (C I) ってなあに?←クリック

 

C I インストラクター紹介

髙橋弘子

C I の創始者 Steve Paxton と一緒に初期から現在にいたるまで C I 活動を続けているC I の第一人者である Nancy Stark Smith を始め、多くの師から C I を学び続け、EUCIフェス(4か国)に参加し研修を積んでいる。 http://nancystarksmith.com/biography

コンテンポラリーダンスカンパニーで公演活動中の1997年に渡仏。ダンス研修中にコンタクト・インプロヴィゼーション( CI)に出会う。2003年にC I の普及のために関東近郊の舞踊家らが中心となった非営利グループSPIRALを(現在 C. I. N. N. と改名)発足し、C I のワークショップ、ジャム、パフォーマンス、CIフェスティバルを開催。

日体大健康学科卒。ピラティスFTP・BOSU公認インストラクター、JCCA(BasicInstructor)、合気道2段。

C. I. N. N. と髙橋弘子さんの活動内容は    http://www.contactimprov-nn.com/ からご覧ください。

すたじお ぷらす えーへのアクセスはこちらをクリック。