C I(コンタクト・インプロヴィゼーション)とは?

1970年代のアメリカで、C I 創始者であるSteve Paxton スティーブ・パクストンとその仲間達が独自のダンスを模索する中でC Iが考案されたといわれています。今年で42年目を迎え、現在アメリカ、ヨーロッパやその他の国々では、ダンサーを始め、ダンサー以外の一般の方々にも身体表現/活動の一つとして親しまれています。

相手と体重のやりとりをしながら、そこに生じる動きの流れにまかせて動いてゆくコミュニケイティブな活動です。段階的な指導法によって、非常に繊細な動きからダイナミックでアクロバティックな動きまでを習得することができます。

欧米では、ダンス・スクール、演劇スクールなどの必修科目として学ばれているほか、C I  ジャムでは音楽家も加わり、一般の人々も多く参加、楽しみながら初心者と熟練者が共に学ぶことができるというのも、この形式の特徴の一つでしょう。

C I Jam はダンサーでなくても、ダンスの経験の全くない方でも、C I が初めての方や初心者の方にも参加していただけます。(初めての方はご予約をお願いいたします。)

 

C I Jam @ Studio plus A   毎月第1土曜日

日時   6月7日 土曜    

18:00〜21:00   ドアオープン17:45

料金    1000円

 

C I 初心者または C I が全く初めての方は、ご予約をお願いいたします。

お問い合わせ・ご予約は 髙橋弘子 spiral2007@ezweb.ne.jp

 

6月のオーガナイザー 髙橋弘子

 C I JAM @ Studio plus A by 髙橋弘子

プロフィール

C I の創始者 Steve Paxton と一緒に初期から現在にいたるまで C I 活動を続けているC I の第一人者である Nancy Stark Smith を始め、多くの師から C I を学び続け、EUCIフェス(4か国)に参加し研修を積んでいる。 http://nancystarksmith.com/biography

コンテンポラリーダンスカンパニーで公演活動中の1997年に渡仏。ダンス研修中にコンタクト・インプロヴィゼーション( CI)に出会う。2003年にC I の普及のために関東近郊の舞踊家らが中心となった非営利グループSPIRALを(現在 C. I. N. N. と改名)発足し、C I のワークショップ、ジャム、パフォーマンス、CIフェスティバルを開催。

日体大健康学科卒。ピラティスFTP・BOSU公認インストラクター、JCCA(BasicInstructor)、合気道2段。

C. I. N. N. と髙橋弘子さんの活動内容は    http://www.contactimprov-nn.com/ からご覧ください。

すたじお ぷらす えーへのアクセスはコチラからどうぞ。

広告