第21回 テーマ 「胸を操る」

シリーズ  動きの繋がり  ~快適に動くために~

私たちの身体は、その70%が水で出来ています。骨格や関節にある程度制限されるとしても、本来は柔らかく、流れるようなしなやかな動きが出来るのです。しかし「水の器」の柔らかさがないと、本来の「しなやかな動き」が出来ません。

水は、注がれる器によって形を変えます。丸い器に注がれれば丸くなり、四角い器に注がれれば四角い形になります。そして、もしビニール袋のような柔らかい器に注がれたとしたら、その形を自由に変えることが出来るのです。

柔らかな器に注がれた水のように、自由にしなやかに動くためには、柔らかい器が必要です。しかし、その器となる私たちの身体のなかで、特に胴体の上半分、胸郭と呼ばれる部分は、普段の生活の中でもあまり動くことを意識することがなく、気が付いたら固くなっていた⁈と言うことが多いのです。

8月のワークショップでは、この「水の器」=胸郭を柔らかく使うことで、本来のしなやかな動きを再現してみます。

動きの繋がりを見つけて、楽で快適な動きを体験しましょう!

 

フェルデンクライス ATMってなあ~に?←クリック

フェルデンクライスメソッド・ワークショップでは激しい動きはしません、ゆっくりとした小さな優しい動きで行いますので年齢、体力、身体の柔軟性に関係なくどなたにでも参加していただけます。

フェルデンクライス ATM ~動きを通じての気付き~は
欧米ではダンサー、ミュージッシャン、アスリート、アクターなど、 身体を使う方々はもちろん、特に身体を使うお仕事でもない一般の方にも、自分の身体とのより良い関係を築くレッスンとして、長い間親しまれています。

指導:フェルデンクライス・プラクティショナー 佐藤英行

理学療法士、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師の資格を持ち、医療法人クリニック、リハビリテーション病院、障害者スポーツ施設、老人ホーム等での長期の医療勤務にピリオドを打ち、1999年に独立をした。現在は理学療法、鍼灸治療、そしてフェルデンクライスメソッド等を中心に、子供から高齢者の幅広い層の方々の健康管理と改善の指導で活躍中です。

毎年夏にはフロリダのパナマシィティーにある、米国NPO団体 Water Planet の セラピースタッフとして、障害のある子供達とその家族対象のセレニティープログラムにボランティアとして過去10年間参加しています。

月1定期ワークショップ 

日時 2014年 8月17日 日曜日

午後2:00~4:00  会場1:45

料金  3000円    定員11名

※ 完全予約制になっております。御予約・お問い合わせは下記までお願いします。 開催前日まで予約受付 ※

090-4530-1130 (佐藤) feldenkrais@watsu-japan.com

***動きやすい暖かい服装をご用意下さい***

毎週木曜 夜7:00~8:15 平日クラスもあります 2000円

詳細はココからご覧下さい。

 

Studio plus A へのアクセス はコチラからどうぞ。

広告