シリーズ 動きのつながり ~快適に動くために~

第24回 テーマ:「Body Image  ー 5本のラインを使って ー」

私たち「人間」の身体を「ひと言」で表現するとしたら「胴体かあって、2本の手と2本の足があって、一番上に頭が乗っている」という形になります。

私たちの「動作」は、この主要なパーツ=2本の手・2本の足・胴体と頭=が「空間の中でどのように動くか?」で表現できます。

しかし「他の人」を見ている場合はともかく、自分の「動作」を知ることは、鏡でも見なければ難しいのかもしれません。

きっと「どのように動くのか?」ということに注意を向けることあっても「どのように動いているか?」ということには、あまり注意が向かないのでしょう。

しかし「より快適に」「より美しく」「より自由に」動くためには「どのように動いているか?」ということを、自分自身で理解しておくことも大切です。

今回は「動いている自分を、自分自身が観察する」という状況を体験します。

「動いている自分」と「動いている自分を観察している自分」をうまく使い分けることで「より美しく」「より自由に」動くことが出来るかもしれません。

動きの繋がりを見つけて、楽で快適な動きを体験しましょう!

フェルデンクライス ATMってなあ~に?←クリック

フェルデンクライスメソッド・ワークショップでは激しい動きはしません、ゆっくりとした小さな優しい動きで行いますので年齢、体力、身体の柔軟性に関係なくどなたにでも参加していただけます。

フェルデンクライス ATM ~動きを通じての気付き~は
欧米ではダンサー、ミュージッシャン、アスリート、アクターなど、 身体を使う方々はもちろん、特に身体を使うお仕事でもない一般の方にも、自分の身体とのより良い関係を築くレッスンとして、長い間親しまれています。

 

指導:フェルデンクライス・プラクティショナー 佐藤英行

理学療法士、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師の資格を持ち、医療法人クリニック、リハビリテーション病院、障害者スポーツ施設、老人ホーム等での長期の医療勤務にピリオドを打ち、1999年に独立をした。現在は理学療法、鍼灸治療、そしてフェルデンクライスメソッド等を中心に、子供から高齢者の幅広い層の方々の健康管理と改善の指導で活躍中です。

毎年夏にはフロリダのパナマシィティーにある、米国NPO団体 Water Planet の セラピースタッフとして、障害のある子供達とその家族対象のセレニティープログラムにボランティアとして過去10年間参加しています。

月1定期ワークショップ 

日時 2014年 11月16日 日曜日

午後2:00~4:00  会場1:45

料金  3000円    定員11名

※ 完全予約制になっております。御予約・お問い合わせは下記までお願いします。 開催前日まで予約受付 ※

090-4530-1130 (佐藤) feldenkrais@watsu-japan.com

***動きやすい暖かい服装をご用意下さい***

毎週木曜 夜7:00~8:15 平日クラスもあります 2000円

詳細はココからご覧下さい。

Studio plus A へのアクセス はコチラからどうぞ。

広告